水道修理でトイレ水漏れ・排水口の詰まりを東京都北区で解消

トイレつまり・水道の水漏れを東京都北区の修理隊が緊急解決

東京都の修理隊

東京都北区

水道設備や水まわりの故障や不具合が東京都で数多く予期しない時に発生しています。トイレや浴室(風呂・ユニットバス)、キッチン、洗面所などの 水トラブルが発生すると日常生活に深刻な支障をきたしてしまうことがあります。また、蛇口や水道管(パイプ)などの水まわりの水トラブルを放置していると状況が悪化して二次的被害も併発してしまうこともあります。
東京都北区などから都内を担当する地域スタッフが水漏れや詰まりなどの水道修理。あるいは、水道管の水道工事まで幅広く対処できるように生活トラブルを俊敏に解決できるように日々努めています。台所や洗面台の排水口の詰まり、便器の排水が流れなくなった、浴室の浴槽・風呂の排水口などから水が逆流してくる水トラブルは予期しない時に発生してしまいます。そんな急な水回りの水トラブルにも東京都北区から迅速に水道修理にお伺いさせていただきます。また、現場で作業を開始する前に必ず事前にお見積もりを提示し、お客様が内容にご納得いただいてから作業を開始するため安心して水道修理の来訪依頼をして頂けます。また、24時間年中無休で、つまり・水漏れなど、水まわりのご相談もお応えできるように努めていますので、お困りの時には、電話無料相談も実施していますからご遠慮なくお電話下さい。

総合修理受付

トイレつまり(詰まりの水トラブル)の解消方法のご紹介

トイレつまりは、ちょっとしたことで急に起きてしまいます。自分でなんとか詰まりを解決させるときに使うのがラバーカップでご家庭に1本所持してたほうが良い水まわりのアイテムのひとつとなっています。
仮にトイレットペーパーなどペーパーが便器の排水口から流れていかなく詰まった時だけに限ります。固形物に対して効果がなく逆効果となることが大多数で当社として使わないことを推奨しています。
つまるところ、固形物ですと詰まりの原因を奥に押し込んでしまい取り除くのが困難となるので当社としてはラバーカップを使用することを推奨していない理由となります。
また、台所のキッチンシンク、洗面所の洗面台や洗濯機の排水口などで固形物が流れていないケースでもラバーカップを使った対処策として代用しても大丈夫です。
電話相談でよくご質問されるのがラバーカップの使い方です。そこで以下ご紹介します。
1. バケツで便器にたまってる水をくみ取る
便器に水が満タンにたまった状態でラバーカップを使うと汚水があふれてしまいますので水位がギリギリの状態から便器のフチから12cm前後は余裕のあるところまでバケツなどで汚水をくみ取ります。
2. ビニール袋にラバーカップの棒を通す穴を開けて便器を覆う。ラバーカップをそのまま使うと汚水が便器から跳ねることがあります。
※ トイレ室内が汚れるのを防ぐため新聞紙やビニール袋で便器周りを覆いましょう。
3. ラバーカップを便器の排水口に密着させる
便器の排水口に隙間のないように密着させます。完全に密着していない状態で修理作業をすると効果が下がります。
4. ゆっくり押し込んで勢いよく引く
ラバーカップは、便器内の水を逆流させてトイレつまりを解消させる工具です。押す時に力を入れると詰まりの原因となっている物を排水経路の奥へ押し込んでしまって詰まりが深刻化してしまうこともあります。
※ コツは、「ゆっくり押して、グッと引く。」これを意識して小刻みに3~5回動かした後に大きく動かすようにすれば効果的にトイレつまりを解決することもできます。

※ 詰まりが解消しない場合には、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。電話無料相談も実施しております。

飲食店のグリストラップの詰まりを解消する方法
東京都北区において飲食店のグリストラップの詰まりを解消する方法は、以下の手順に従うことが一般的です。
プロの業者に依頼する
グリストラップの詰まりは専門的な知識や道具が必要な場合があります。安全かつ効果的な解消のために、プロの水道修理業者に依頼することをおすすめします。業者は経験豊富で適切な作業を行い、問題を迅速に解決します。
グリストラップの清掃
グリストラップの詰まりを解消するためには、まずグリストラップを清掃する必要があります。グリストラップは油や脂などの廃棄物がたまりやすいため、専用の洗剤や高圧洗浄機を使用して内部を洗浄します。これにより詰まりを解消し、正常な排水が可能になります。
定期的なメンテナンス
グリストラップの詰まりを予防するためには、定期的なメンテナンスが重要です。飲食店では毎日の営業終了後にグリストラップを清掃する習慣を持つことが推奨されます。定期的な清掃により、廃棄物のたまりを防ぎ、トラブルを未然に防止することができます。
油分の適切な処理
飲食店では油分の適切な処理も重要です。使用済みの油は適切な容器に捨てることが必要であり、排水に直接流さないように注意することが重要です。油分の適切な処理により、グリストラップの負担を軽減し、詰まりを予防することができます。

以上の手順に従って、東京都北区などの都心で営業される飲食店のグリストラップの詰まりを解消することができます。ただし、安全かつ効果的な作業のためには、専門の業者に依頼することが重要です。

修理隊評価
厨房のグルストラップから悪臭する|東京都北区
厨房は普段から衛生面に気を配っていましたがグリストラップからドブのような悪臭がするようになりました。排水管や床をブラシで洗っても排水管や排水口に市販のパイプ洗浄剤を流したりしたこともありましたがどうしても改善させられませんでした。更に詰まりや水漏れも起きたので修理をお願いしました。修理に取り掛かった時、作業員に排水管の劣化とヘドロの蓄積を指摘されました。ヘドロをすべて取り除いたことで厨房内の悪臭は解消されました。水回りのトラブルの解消は素人では難しいことを学び、同時に迅速で的確な作業に感心しました。

ユニットバスが詰まり解決できて本当に感謝です|東京都北区
ユニットバスの浴槽が詰まり流れなくなっているので連絡をして水道修理に来てくれるように依頼しました。詰まる時は、いろいろな箇所が詰まるようでトイレの詰まりまで見て頂き全ての排水経路の点検までしていただけました。本当に感謝しています。 マリン水道サービスさんの作業員さんがしっかりと対応していただけましたので次も詰まりや水漏れなどの水道修理があるときは是非お願いしたいと思っています。

30分で修理に駆けつけてくださり修理してくれました|東京都北区
トイレの水が止まらなくなってしまってどうすることもできなかったのでマリン水道サービスさんのホームページを見て電話無料相談ができるとか書いていたので応急処置の仕方を教えてもらえるようにお願いしました。その後、主人と連絡が取れてトイレ修理をお願いするように言われたので再度電話をして修理依頼したら20分ぐらいで駆けつけてくれました。そして、原因を見極めてくれて丁寧な説明とお見積りの金額を提示してくださり追加費用もなくトイレ水漏れが解決できたので本当に良かったです。

東京都北区の対象エリア
赤羽 / 赤羽北 / 赤羽台 / 赤羽西 / 赤羽南 / 岩淵町 / 浮間 / 王子 / 王子本町 / 上十条 / 上中里 / 神谷 / 岸町 / 桐ヶ丘 / 栄町 / 志茂 / 十条台 / 十条仲原 / 昭和町滝野川 / 田端 / 田端新町 / 豊島 / 中里 / 中十条 / 西が丘 / 西ヶ原 / 東十条 / 東田端 / 堀船

緊急水道修理業者
賃貸住宅で水漏れが起きた時の修理費負担について
東京都北区など都内の賃貸住宅において水漏れが起きた場合は、まずは速やかに管理会社またはオーナーに連絡し、状況を報告することが重要です。また、水漏れの状況によっては、配管業者や修理業者を呼んで対応する必要があります。ただし、賃貸住宅である場合、修理費用の負担は原則としてオーナーが負担することになっています。したがって、修理業者に修理費用の請求をすることは避け、オーナーに修理費用の請求をするように管理会社と相談することが重要です。また、水漏れによって家財道具や家具などが被害を受けた場合は、オーナーや管理会社に被害状況を報告することも重要です。
トイレ詰まりや排水詰まりが起きた場合、原則として借主側の責任となりますが、排水配管に問題がある場合は家主側の責任となることがあります。排水配管が家主側の責任となるのは、賃貸住宅の借り手が普段通りに使用しているにもかかわらず、排水管の老朽化や破損などが原因でトイレが詰まった場合です。この場合、家主側が修理費用を負担することになります。ただし、借り手側の過失によるトイレ詰まりの場合は、借り手側が修理費用を負担することになります。

賃貸住宅において過失がある排水詰まり修理費用は自己負担である
賃貸住宅において、過失がある排水詰まりの修理費用は通常、入居者の自己負担となります。過失がある場合、例えば誤って異物を流し込んだり、適切な使用やメンテナンスを怠った結果として詰まりが発生した場合は、入居者が修理費用を負担することが一般的です。
ただし、法律や契約条件によって異なる場合もありますので、具体的な契約内容や地域の法律を確認することが重要です。入居者と賃貸契約を締結する際には、修理費用の負担に関する条項を注意深く確認し、必要に応じて賃貸会社やオーナーと相談することをおすすめします。

参考資料水道専門用語集
水道修理依頼をする前に階下漏水などの二次災害防止
水道修理を依頼する前に、階下への漏水などの二次災害を防止するために以下の対策を行うことが重要です。
漏水箇所の特定と遮断
水漏れの原因箇所を特定し、できるだけ早く水の供給を遮断します。主要なバルブやシャットオフバルブを閉めて、水の流れを止めます。
漏水箇所の保護
水漏れが発生している箇所をタオルやバケツなどで覆い、床や壁に水が浸透しないようにします。必要に応じてビニールシートや防水テープを使用することも考えてください。
階下への通知
階下の住戸や管理会社などに漏水の状況を報告し、適切な措置を取るように連絡します。階下の住人に被害が及ばないように協力しましょう。
迅速な修理の依頼
水道修理業者にできるだけ早く修理を依頼し、水漏れを解消するようにします。修理業者には緊急対応が必要な旨を伝え、迅速な対応を依頼しましょう。
二次被害の防止
水漏れが原因で周囲の壁や床に浸透している場合、カーペットや家具を移動させ、二次被害を最小限に抑えるようにします。

これらの対策を講じることで、水道修理の依頼前に階下漏水などの二次災害を防止することができます。ただし、安全を最優先に考え、自身で対応できる範囲を超える場合は専門の業者に相談することをおすすめします。

緊急時の水道修理について
緊急時の水道修理は速やかに行動する必要があります。以下の手順を参考にしてください。
1:水道の主止め弁を閉める
まず、水漏れや詰まりの原因箇所から水道の供給を止めるため、建物内にある主止め弁を閉めます。これにより、水の流れを止めることができます。
2:水漏れを抑える
水漏れがある場合は、バケツやタオルなどを使って漏れた水を受け止めたり、拭き取ったりします。床や壁などに水が染み込まないように注意しましょう。
3:緊急連絡先に連絡する
水道修理業者や管理会社など、緊急時の対応を行ってくれる連絡先に電話をし、状況を説明します。業者によっては24時間対応している場合もあります。
4:指示に従って対応する
緊急連絡先からの指示に従い、修理業者や関係者が到着するまで待ちます。必要に応じて、追加の対策や応急処置を行いますが、安全に留意しながら行いましょう。

緊急時の水道修理では、素早い行動と適切な連絡が重要です。近くに水漏れや詰まりの原因を抑えることができる器具や材料がある場合には、修理業者の到着までの間に応急処置を行うこともできますが、安全を最優先に行動しましょう。

基本の料金


修理隊の総合修理受付
copyright©2019 東京都北区の修理隊 all rights reserved.