水道用語の解説で基本から専門までの説明解説集

水道とその基本概念

東京都内の修理隊

基本から専門まで、水の供給と管理の幅広い知識を知る

水道に関する用語は幅広く、一般的なものから専門的なものまでさまざまなものがあります。以下に、よく使われる用語から専門的な水道用語までを幅広く解説します。

水道水質基準(水質基準)
概要 水道水質基準は、飲用水の安全性を確保するための基準で、微生物、物理的・化学的特性、有害物質の濃度などが規定されます。
詳細 例えば、微生物の場合、大腸菌の存在が許容されていないことが一般的であり、有害物質には鉛やカドミウムなどが含まれません。これらの基準を守りつつ水質を維持するために、浄水場で厳格な浄水処理が行われます。
水源地と水源保護区域
概要 水源地は水の供給源であり、湖沼、河川、地下水などが含まれます。水源保護区域は水源地の周囲で、水の質を保つために特に保護される領域です。
詳細 保護区域では土地利用の制限や維持管理が行われ、人間の活動による水源地の汚染や減少を防ぎます。これによって安定的かつ健康的な水供給が確保されます。
浄水技術と浄水場
概要 浄水技術は水道水の清浄化を担当し、浄水場はこれを実施する施設です。物理的、化学的、生物学的な手法が使用されます。
詳細 濾過、沈殿、脱塩、逆浸透などの技術が浄水場で採用され、様々な汚染物質が取り除かれ、水質基準を達成します。
配水網とパイプライン
概要 配水網は水を地域に供給するための管路システムで、パイプラインはその中のパイプを指します。
詳細 配水網は異なる径や材質のパイプで構成され、効率的で耐久性が求められます。定期的な点検と保守が不可欠であり、漏水や損傷を防ぐために工事が行われます。
水道器具と給水装置
概要 水道器具は水を使用可能な形に変換する装置で、蛇口、シャワーヘッド、トイレなどが含まれます。給水装置はこれを制御・供給する設備です。
詳細 水道器具は省エネ型であり、節水機能やエネルギー効率が向上しています。給水装置は水圧や水量を制御し、効果的な給水を実現します。
水道検針と料金体系
概要 水道検針は使用量を計測し、これに基づいて水道料金が課金される仕組みです。従量制や固定料金制などが存在します。
詳細 適切な検針が水道事業の信頼性に影響を与えます。また、公正で効率的な料金設定が、持続可能な水道サービスを維持するために必要です。
下水道と浄化施設
概要 下水道は使用済み水を収集し、浄化施設で物理的・生物学的な処理を経て環境へ排出されます。
詳細 下水道ネットワークは排水路、ポンプ、浄化槽などから構成され、効果的な処理がなされることで水環境への負荷が軽減されます。
節水と持続可能性
概要 節水は水の効率的な利用を指し、持続可能性は水の資源を未来にわたって保護し、適切に利用する取り組みです。
詳細 蛇口の修理、省エネ型設備の採用、意識の向上などが節水に貢献し、持続可能な水の供給と使用を実現します。
水道事業者と地域社会
概要 水道事業者は水の供給と管理を担当し、地域社会との連携が必要です。地域の水需要に応じた計画が求められます。
詳細 事業者は水質管理、設備の保守、災害時の対応などを担当し、住民とのコミュニケーションが大切です。地域社会との協力が持続可能な水道事業の実現に重要です。
水資源管理と水循環
概要 水資源管理は水の供給と需要を調整し、水循環は水が大気、地球、生物圏を循環するプロセスを指します。
詳細 水資源の持続可能な管理は、地域の気候、地形、人口動態などを考慮した包括的な計画が必要です。水循環の理解により、水の質と量の安定供給を確保します。

これらの水道用語は、水の供給と管理に関する幅広い知識を提供し、持続可能な水資源の確保と健康な生活環境の維持に寄与します。


修理対応手順


修理隊の総合修理受付
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.