こまめに掃除をすることで対策できる

排水経路には特に気をつけましょう

東京都内の修理隊

衛生的にシンクや流し台の汚れは掃除しておくこと

台所の流し台やシンクは、日常生活の水回りの中でもとくに衛生面に配慮したいと考えられている人がかなり多いのではないでしょうか。ご家族の食事を作る時に異物の混入や衛生面にも気をつける場所でもあり口に入るものを扱う場所です。
そのためより一層の健康を考えればそれは当然かもしれません。

その一方で、流し台やシンクは汚れが付着しやすい場所でもあり汚れが発生しやすい一面も持っています。少しお手入れをおこたっただけでヌメリが出たり、排水口から異臭を感じることもあるのではないでしょうか。特に暑い時期ともなればゴミの腐敗の心配まで出てきてしまいます。
油汚れ、食べ物屑、食材屑は、台所を汚す大きな原因となってきます。ちょっと所だから大丈夫だろうとそのまま放っておくと雑菌の温床になってしまってカビが生えてしまうこともあります。
それだけではなく油汚れをはじめとした食材関係のゴミが腐敗を起こすと虫がわいてしまいます。腐敗したものを好むコバエやそのほかの害虫は考えている以上に簡単に繁殖してしまいがちです。
また、排水口のゴミ受けをすり抜けて行った汚れやゴミは、排水口から排水経路に流れていき排水ホースや排水管にこびりついてしまうことも多く積もりに積もって排水管の内側を狭めます。
結果として排水詰まりが生じてしまうことになり、最悪の場合で排水が逆流してしまうこともあるのです。

排水管と排水ホースとのつなぎ目のところから排水が逆流してしまうと、排水管や排水トラップ内の雑菌まで床下に溢れ出てきて不衛生になってしまうことがあり悪臭や雑菌の温床となってしまう。それに加えて、フローリングやフロアカーペットの床材を汚損してしまい腐食してしまうことによって床が腐ってしまうということもありますのでご注意が必要です。
こうならないためにも衛生面に気をつけて対処する必要が出てきますので、このような事態にならないよう台所の流し台やシンクの汚れには気を配ったほうが良いでしょう。

賃貸住宅の清掃業務

賃貸住宅の清掃業務には、入居者と家主の責任があります。家主は、入居者が引っ越す前に、住居を新たな入居者が快適に住めるように清掃する責任があります。一方、入居者は、住居を清潔に保つ責任があります。
具体的には、入居者は、日常的な清掃(掃除機、モップ、ぞうきんなどを使用した掃除)を行い、汚れた箇所はすみやかに清掃することが望ましいです。また、浴室やキッチンなどの水回りは、使用後に水滴を拭き取るなど、湿気を防ぐことも重要です。長期間にわたって放置された水垢や汚れは、取り除くのが困難になる場合があるため、早めの対処が望ましいです。
一方、家主は、入居者が退去する前に、部屋全体を清掃する責任があります。具体的には、床や壁、天井、窓、ドア、クローゼット、キッチン、浴室、トイレ、換気扇などを、清掃する必要があります。また、畳やカーペットなどの張替え、クロスの張り替え、電気設備や水回り設備の修理や交換も、必要に応じて行う必要があります。
なお、入居者が故意または過失によって破損や汚損を引き起こした場合は、入居者が修理費用を負担することが一般的です。しかし、通常の使用による自然な劣化や汚れは、入居者の責任ではないため、家主が負担することが一般的です。

退去時に契約書でも掲載してあるが清掃費を支払わないケース
賃貸住宅の契約書には、入居者が退去時に清掃費を支払うことが義務づけられている場合があります。もし入居者が清掃費を支払わない場合、以下のような対応が考えられます。
まずは、入居者に清掃費の支払いを求める連絡を行い、返答を待ちます。もし入居者が支払いを拒否する場合、物件の状態を確認して、清掃費用の見積もりを作成し、支払いを求める書面を送付することができます。
もしも入居者が清掃費を支払わない場合、裁判所に訴えることもできます。ただし、この場合は裁判所に訴訟を起こす必要があり、訴訟費用がかかる場合があるため、費用対効果を考慮する必要があります。

借家の排水配管の高圧洗浄をするサイクルと必要性について
借家の排水配管の高圧洗浄は、定期的に行うことで配管内の汚れや詰まりを解消し、快適な水の流れを確保するための作業です。
高圧洗浄のサイクルや必要性は、以下のような要素によって異なります:
●使用状況: 排水配管の使用頻度や使用内容によって汚れや詰まりの発生度が異なります。例えば、飲食店やレストランなどの商業施設では、油や食品の残渣が排水に混ざることが多く、詰まりのリスクが高くなります。一方、一般の住宅では使用頻度や使用内容によって異なるため、適切なサイクルを設定する必要があります。
●管理者の方針: 物件の管理者やオーナーの方針によっても高圧洗浄のサイクルが異なる場合があります。一部の物件では、定期的な高圧洗浄を契約時や定期メンテナンス時に行うことが義務付けられている場合もあります。
●排水トラブルの発生状況: 過去に排水トラブルが頻繁に発生した場合や、水の流れが悪いなどの問題がある場合は、より頻繁な高圧洗浄が必要になる場合があります。

一般的には、排水配管の高圧洗浄は1年に1回から3年に1回程度が推奨されています。ただし、具体的なサイクルは物件や状況によって異なるため、物件の管理会社や専門業者に相談し、適切なサイクルを決定することが重要です。
高圧洗浄によって排水配管内の汚れや詰まりを解消することで、排水のスムーズな流れを保ち、悪臭やトラブルの発生を防ぐことができます。定期的なメンテナンスを行うことで、住環境の快適さや衛生面の向上にも貢献します。


修理対応手順
料金一覧


修理隊の総合修理受付
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.