お風呂場で蛇口を取り付ける条件

同形状にあったもの以外取り付けることが困難である

東京都内の修理隊

お風呂場の蛇口の区別

お風呂の蛇口は、大きく分類して3種類に区別することができます。それぞれ不具合が起きた時や水トラブルが起こりやすい原因についても似通っていますが修理・交換方法が異なってきます。

分類した3種類の蛇口についてご紹介しておきます。
ツーハンドル混合水栓
お湯と水のハンドルが分かれているタイプの蛇口です。2つのハンドルでお湯と水の量を調節して温度調整をする必要があります。ツーハンドル混合水栓で多い水漏れの原因としては、ハンドル部分のゴムパッキンや劣化や袋ナットの緩み。あるいは、三角パッキンです。
シングルレバー混合水栓
レバーで出したり止めたりする蛇口のことです。水量と温度を同時に調節でき、台所や洗面台でも使われているタイプです。シングルレバー混合水栓の内部には、お湯と水の切り替えをおこなうバルブカートリッジが組み込まれています。カートリッジが不具合を起こしたりすると水が漏れやすくなります。カートリッジはメーカーや型番によって取り外し方が異なるので分解に自信がない方は修理業者に依頼することを一考してください。
サーモスタット混合水栓
お風呂場で使われている温度調節のレバーと水量調節のレバーが分かれているタイプの蛇口です。水漏れの原因で多いのがゴムパッキンの劣化、バルブカートリッジの摩耗などが大多数です。サーモスタット混合水栓は構造が複雑なので分解に自信がない方は、分解しないでください。また、分解の途中で元に戻せなくなっても専門業者であっても組みなおすことができないことも少なくありません。

修理対応手順

浴室水栓の種類や賃貸住宅の水栓交換

浴室水栓には、シングルレバー式とダブルレバー式の2種類があります。シングルレバー式は、一つのレバーで水量と水温を調整できるのに対して、ダブルレバー式は、水量と水温をそれぞれ独立して調整することができます。
賃貸住宅で浴室水栓を交換する場合、契約書やルールによっては禁止されている場合があります。特に、水回りの設備に関しては、熟練の業者による施工が必要な場合が多いため、自己負担になることが多いです。また、家主によっては自己負担での交換を認めている場合もあるので、まずは家主と相談することが必要です。
なお、浴室水栓の交換にかかる費用は、交換する水栓の種類やメーカー、施工業者の料金体系などによって異なります。一般的には、シングルレバー式の交換費用がダブルレバー式に比べて安くなる傾向があります。

賃貸でシャワーヘッドを交換する場合
賃貸物件でシャワーヘッドを交換する場合は、まず契約書や賃貸借契約書を確認して、修理や改装に関する条項があるかどうかを確認することが重要です。賃貸借契約書には、修理や改装に関する規定が明記されている場合があります。
もし、賃貸借契約書に明記されていなくても、一度家主に相談し、許可を得ることをお勧めします。許可が得られた場合は、シャワーヘッドを自分で購入して取り付けることができます。ただし、交換するシャワーヘッドが標準的なものと異なる場合、退去時に元の状態に戻す必要があるかもしれません。
また、交換作業自体は比較的簡単で、必要な工具と新しいシャワーヘッドがあれば、自分で行うことができます。しかし、取り付け方が間違っていると、水漏れや破損の原因になることがあるため、取り付けには慎重さが必要です。

浴室水栓をエコ水栓に変更するメリットとデメリット
浴室の水栓をエコ水栓に変更することにはいくつかのメリットとデメリットがあります。

【メリット】
●水の節約: エコ水栓は、通常の水栓に比べて水の流量を制限する機能があります。これにより、入浴やシャワー時に使用する水の量を削減することができます。水の節約により、水道料金の削減や環境への負荷軽減につながります。
●省エネ効果: エコ水栓は、温水を維持するために必要なエネルギー消費を削減する機能があります。熱交換器や温度調節機能を備えている場合、湯温を一定に保ちながらエネルギーを効率的に利用することができます。
●快適性向上: エコ水栓には、水流の形状や圧力を調節する機能があります。これにより、快適な入浴やシャワーを楽しむことができます。また、一部のエコ水栓には自動停止機能や温度制御機能が備わっている場合もあり、使い勝手が向上します。

【デメリット】
●初期コスト: エコ水栓は、通常の水栓に比べて導入コストが高い場合があります。特に、高機能や最新技術を搭載したエコ水栓は価格が高くなる傾向があります。
●使用感の違い: エコ水栓は水の流量を制限するため、通常の水栓に比べて水圧が低く感じられることがあります。また、一部のエコ水栓は操作方法や使い勝手が通常の水栓と異なる場合もあります。
●メンテナンスの必要性: エコ水栓には特定の部品やフィルターが組み込まれていることがあります。これらの部品やフィルターは定期的にメンテナンスや交換が必要な場合があります。

エコ水栓への変更は、水の節約や省エネ効果を求める上で有益な選択肢です。ただし、初期コストや使用感の違い、メンテナンスの必要性を考慮し、自身のニーズや予算に合わせて適切なエコ水栓を選ぶことが重要です。また、専門の水道業者に相談することで、より具体的なメリットやデメリットを把握することができます。



修理隊の総合修理受付
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.