詰まりや悪臭が発生する原因となる日頃の動向

ちょっとしたことで流し台の不具合を予防できる

東京都内の修理隊

流し台の詰まり・悪臭になる原因とわ

台所で料理をしていると細かいゴミがでてしまいます。食材を切ったときの細かクズがでてしまって残った食材にサランラップを使って密閉することがあります。
そして、料理をするときに剥がします。サランラップは水を通す素材でないので排水溝に流さないようにしてください。
排水溝を詰まらせることがないよう生ゴミを捨てる流し台に置いてある三角コーナーに捨てるではなくゴミ箱にをしてください。
しかし、保存してあった食材を剥がすときには、肉や魚などの細かなゴミが流し台に落ちてしまって食材クズが排水口から流れていってしまうことがあります。
そして、食事が終わった後に食べ残しや細かい食材のクズが残りがちです。それらを日々、排水口から流してしまうと排水経路で蓄積していき使い続けていると詰まってしまうでしょう。日頃から気にしていなくて排水経路に流れてしまった細かい切れ端クズなどは、そのまま流れていることが知らず知らずのうちに起きてしまっています。絶対に詰まることがなくても、生ゴミは雑菌が繁殖し腐敗し、嫌な臭いの原因になってしまいますので気をつけるべき点でもあります。
併せて油分が原因の場合もあります。詰まりの流し台の詰まりの原因が生ゴミなどの固形物だけではありません。汁に含まれている油分や食材の油分も流し台を詰まらせる原因になってしまいます。
油は水とは、表面張力の大きさがまったく異なってくるので反発してしまいます。水に弾かれた油は次第に排水経路に付着しくっつき、固まり、それが排水菅に付着してしまい詰まりの原因になってきます。
油は粘度が高くヘドロ状になり排水経路に流れていき食材クズを吸着させて次第に排水経路を狭める原因となっていきます。
そして、詰まりや悪臭の原因にもなってきますので、できる限り放置するのは避けましょう。
しかし、皿や鍋を洗う際に、油分を流さないというのは無理ですから、流し台を使った後に洗い桶1杯の水を排水口から流すことで予防につながってきますので常に実践することで予防することができます。

流し台の詰まりや水漏れの修理方法

流し台の詰まりや水漏れの修理方法については、具体的な状況によって異なりますが、一般的な方法をいくつか紹介します。

【流し台の詰まりの修理方法】
・パイプクリーナーを使用する:流し台の下にあるSトラップ(S字管)や排水管に詰まりがある場合、パイプクリーナーを使用して詰まりを取り除くことができます。ただし、使用方法を誤るとパイプが痛む場合があるため、取扱説明書をよく読んでから使用することが重要です。
・ハンドスネークを使用する:パイプクリーナーが効果がなかった場合や使用できない場合、ハンドスネークを使用することで詰まりを取り除くことができます。ハンドスネークは、直径数mm程度のケーブル状のもので、手で曲げて曲がりくねったパイプに沿って詰まりを解消することができます。

【流し台の水漏れの修理方法】
・パッキンの交換:蛇口から水漏れがしている場合、パッキンが破損していることが原因であることが多いです。パッキンを交換することで漏れを止めることができます。
・グリスアップ:蛇口が固着している場合、グリスを塗って動きを良くすることができます。グリスアップ剤を使用するか、ワセリンを塗るといいでしょう。
・セットスクリューの締め直し:蛇口のハンドルがゆるんでいる場合、セットスクリューが緩んでいることが原因のことが多いです。セットスクリューを締め直すことで、ハンドルのゆるみを解消することができます。

これらの修理方法にも関わらず、修理が難しい場合や状況によっては、業者に依頼することが望ましいです。

業者に依頼した時の概算費用
流し台の詰まりや水漏れの修理において、業者に依頼する場合の概算費用は、修理内容や業者によって異なります。修理内容が軽微であれば、作業時間に応じて1万円程度で済むこともありますが、修理箇所が複雑であったり、部品交換が必要である場合には、2万円以上の費用がかかることもあります。修理前に業者に見積もりを依頼し、費用を確認してから作業を依頼するようにしましょう。

流し台の水トラブルを早期解決させないと更に悪化する
流し台の水トラブルを早期に解決しないと、さらなる悪化や二次的な被害が生じる可能性があります。以下に、流し台の一般的な水トラブルとそれへの早期対応策をいくつかご紹介します。
●水漏れ: シンクや蛇口周辺から水漏れが発生している場合は、まずは水の供給を止めることが重要です。その後、漏れの原因を特定し修理するか、専門の水道業者に修理を依頼しましょう。
●排水詰まり: 流し台の排水が滞る場合、詰まりの原因を確認することが大切です。一般的な詰まりの解消方法として、専用の排水パイプクリーナーや熱湯を使用することがあります。しかし、詰まりが深刻な場合や再発する場合は、プロの水道業者に相談することがおすすめです。
●水圧の低下: シンクからの水圧が低下している場合は、蛇口のスクリーンやエアレーターに付着したカルシウムや堆積物を清掃することで改善することがあります。また、水道メーターや給水ポンプの異常も水圧低下の原因となる可能性があるため、専門家のチェックを受けることも考慮してください。
●悪臭の発生: 流し台から悪臭が発生している場合、排水管や下水管に詰まった汚れや生ごみが原因となることがあります。定期的な排水管の清掃や、キッチン用の消臭剤や除菌剤の使用などで悪臭を軽減することができます。

これらの水トラブルに対して、早期に対応することで被害を最小限に抑えることができます。しかし、修理や解決策が自力では難しい場合は、プロの水道業者に相談することが重要です。適切な修理やメンテナンスを行うことで、流し台のトラブルを効果的に解決できます。


料金一覧


修理隊の総合修理受付
copyright©2019 修理隊 all rights reserved.